パート 消費者金融

MENU

専業主婦のカードローン追加で借入できるか?

専業主婦のカードローンは、基本的に契約時に設定した限度額内であれば何度も借入ができるシステムになっているので、生活資金の捻出に困ったら、何時でも引き出せるのが魅力でもあります。しかし、それ故に限度枠に余裕があると、ついつい容易に追加で借入を申請してしまう傾向もあります。

 

一般的な銀行カードローンは、専業主婦が初めて利用する場合は最大30万円までの融資に制限しており、堅実な家計を維持するのには十分な枠設定が配慮されています。ただ子供の教育費や旅行資金、贅沢品などの購入費用にもカードローンを利用する事になれば、設定限度枠では足が出る事も十分に考えられます。

 

しかしカードローンの限度枠いっぱいまでフルに借入している状態であれば、追加の借入はこれ以上不可能です。またカードローンを利用し始めて時期が浅い場合は、直ぐに限度枠の増枠申請をしても許可される事が殆どないので、今借入している金融機関以外の銀行で新たにカードローンを契約して追加借入するしか方法がありません。

 

従って、どうしても追加借入の必要が迫られている時は、他社のカードローンで限度額が高めに設定できる所を敢えて選ぶのがいいでしょう。みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などの専業主婦への初回契約時の融資枠は最大30万円までと厳しく規制を敷いている所が多いですが、セブン銀行カードローンみたいに50万円までと余裕を持った限度額設定が可能な所もあるので、インターネットで融資枠が大きい所をよく調べてみると良いです。

 

ちなみにカードローンの限度枠は、借入や返済を滞りなく行う信用実績を積み重ねていく事で限度枠アップの許可が出やすくなるので、最低でも1年以上カードローンを問題なく利用し一定期間が経過すれば、銀行の融資相談窓口に増枠申請の事を問い合わせてみるといいでしょう。

 

このように専業主婦のカードローンは、設定した限度枠内なら無制限で借入できるメリットもある事から、前の借入金を完済しないうちに新しく追加借入する悪循環の癖が付きやすい落とし穴もあるので、なるべく一旦完済してから再び借入を行う心掛けをしましょう。