パート 消費者金融

MENU

返済期日に間にあわない時どうすればいい?

主婦の方で銀行や消費者金融のカードローンを利用している時に、常に肝に銘じておかないといけないのは、計画的に借入して期日通りに返済するという点です。カードローンを利用するという事は、借金返済の義務を負うのと同じ意味になるので、返済期日までには借金した金額に応じた利息をプラスして完済しないといけません。

 

しかし中には、予期せぬ事情で今月は収入額が少なく期日までに全額を支払うのが難しいという人や、銀行口座からの引き落とし返済の為に預金残高が十分ではなく返済期日の払込に間に合いそうにないという人なども少なからずいます。1日でも返済期日に遅れる可能性がある場合は、一刻も早く対処しておきたいのがカードローンの契約会社への電話連絡です。

 

電話連絡は早ければ早いほど信用を失うダメージが少ないので、なるべく返済日の前日若しくは遅くなっても必ず返済当日には正直に事情を話して、契約会社からの指示通りに動くようにしましょう。もし支払いが遅延する事を黙秘したままやり過ごしていると、カードローン会社は返済期日が過ぎた日から早速借入している人の自宅に督促を行う作業を開始し、何度か書面や電話で返済を求める連絡をしてきます。

 

また同時に返済期日を過ぎてしまうと、借りている日数分の利息に上乗せして、返済期日から経過した日数分の遅延損害金も合わせて請求される事になるので、大変な金銭負担を強いられる事になります。返済期日に間に合わない場合の電話連絡で一番先にカードローン会社に伝えたいと事柄としては、支払いできない理由も重要ではありますが、返済できる具体的な日程です。

 

なるべく詳細に返済できる日程をカードローン会社に伝えておけば、大抵は主婦の顧客の事情を最優先して支払い期日も猶予を置いてくれるので、何度も何度も自宅に督促して来なくなります。もし支払い期日までにローン返済が間に合わない可能性がある場合は、早期にカードローン会社に連絡し、正直に事情説明して必ず会社からの指示を仰ぐようにしましょう。